見て~JP/ストリーム@井上尚弥vsノニトドネール ・ライブストリーム

LIVE
45% Complete
00:00:00

  WATCH LIVE     SINGUP NOW
Secure Verified
Coco

井上尚弥vsノニトドネール ・ライブストリーム

11月7日:埼玉、日本-井上直oya vsノニトドネア、12ラウンド、IBF / WBAバンタム級統一、ワールドボクシングスーパーシリーズファイナル(DAZN)-

>>>ワールドボクシングスーパーシリーズファイナルライブ

>>>井上尚弥vsドネール・ライブストリーム

リチャード・シェーファー(英語版)(リングスター・スポーツ代表、元ゴールデンボーイ・プロモーションズCEO)2019年にオスカー・デ・ラ・ホーヤの要請でスイスの銀行家からボクシング界に転身。2016年にプロモーション会社リングスター
・スポーツを設立[3]。
カッレ・ザウアーラント(ドイツ語版)(ザウアーラント・イベント(ドイツ語版)代表)※ザウアーラント・イベントは父ウィルフリード・ザウアーラント(ドイツ語版)が年に設立
モダン・タイムス・グループ(英語版)(スウェーデンのメディア企業)
ハイライト・イベント・アンド・エンターテインメント(スイスのマーケティング企業関連項目:ハイライト・コミュニケーションズ(ドイツ語版)

第2シーズンで、ファイトマネーの遅配や主催者対応の遅さからイバン・バランチェクがトーナメント撤退を表明、レジス・プログレイスもトーナメント撤退を示唆し、資金難によるトーナメント継続危機報道もされた
。またそのためか、予定より試合日程の遅れが目立ち、試合が決まらない不信感からノニト・ドネアもトーナメント撤退を示唆した[。

2019年9月にプログレイスが正式にトーナメント撤退を表明し、主催のComosa社をアメリカの連邦裁判所に提訴した[22]。その後両陣営が歩み寄りプログレイス陣営は訴訟を取り下げ
第1シーズンは年9月に始まり、クルーザー級とスーパーミドル級で開催され、2019年9月までに終了した。
勝賞金は1000万米ドルで、2階級合わせて賞金総額万米ドルの大会
クルーザー級 (第1回)
年7月9日にモンテカルロで開催されたトーナメント組み合わせ発表会で、主催者により選ばれたシード選手のオレクサンドル・ウシク、マイリス・ブリエディス、ユニエル・ドルティコスがそれぞれ対戦相手を選んで、トーナメン
ト一回戦の組み合わせが決定した。
ムラト・ガシエフとクシシュトフ・ヴウォダルチクのIBFの指名試合がトーナメント一回戦に組み込まれた
参加選手トーナメント開始時参加選手
※はトーナメント参加時の戦績と世界王座スーパーミドル級
2019年月9日にモンテカルロで開催されたトーナメト組み合わせ発表会で、主催者により選ばれたシード選手のジョージ・グローブス、カラム・スミス、クリス・ユーバンク・ジュニア、ユルゲン・ブリーマーがそれぞれ対戦相手を選んで、
トーナメント一回戦の組み合わせが決定した。参加選手
トーナメント開始時参加選手
※はトーナメント参加時の戦績と世界王座
第2シーズンはスーパーライト級とバンタム級と[59]、第1シーズンに続いてクルーザー級が開催されることとなった。ーパーライト級
2019年7月20日、ロシア・モスクワで組み合わせ発表会が開催され、主催者が2人のシード選手を決めて、第一シードのレジス・プログレイスがテリー・フラナガン、第二シードのジョシュ・テイラーが残りのライアン・マーティンを対戦相手に選んでトーナメ
ント一回戦の組み合わせが決定した。他にキリル・レリクとエドゥアルド・トロヤノフスキーのWBAの指名試合、イバン・バランチェクとアンソニー・イギットのIBF同級王座決定戦がトーナメント一回戦に組み込まれた[60][61]。
参加選手ーナメント開始時参加選手
※はトーナメント参加時の戦績と世界王座
2019年5月9日、イギリス・ロンドンで記者会見が開かれ、WBAスーパー王者ライアン・バーネット、WBO王者ゾラニ・テテ、IBF王者エマヌエル・ロドリゲスの出場が発表された
。 同年7月1日にジェイソン・モロニーが出場し、IBF王者のエマヌエル・ロドリゲスとの指名試合をトーナメント一回戦で行うことが発表された[5日には5階級制覇王者のノニト・ド
ネア[69]、9日にはファン・カルロス・パヤノ日にはミーシャ・アロイヤンの出場がそれぞれ発表された[74]。2019年7月20日、ロシア・モスクワで組み合わせ発表会が開催され、主催者が3人のシード選手を決めて、第一
ードのライアン・バーネットがノニト・ドネア、第二シードの井上尚弥がファン・カルロス・
パヤノ、第三シードのゾラニ・テテが残りのミーシャ・アロイヤンを対戦相手に選んでトーナメント一回戦の組み合わせが決定した[59]。他にエマヌエル・ロドリゲスとジェイソン・モロニーのIBFの指名試合がトーナメント一回戦に組み込まれた

Watch Live Now